放射線 技師 国家 試験 72 回。 新着情報|中央医療技術専門学校

新着情報|中央医療技術専門学校

放射線 技師 国家 試験 72 回

受験資格 [ ]• (1)(22年法律第26号)第90条第1項の規定によりに入学することができる者(法第20条第1号の規定により文部科学大臣の指定した学校が大学である場合において、当該大学が学校教育法第90条第2項の規定により当該大学に入学させた者又は法附則第11項の規定により学校教育法第90条第1項の規定により大学に入学することができる者とみなされる者を含む。 )であって、が指定した学校又はが指定したにおいて、3年以上診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終えたもの(その年の指定する日までに修業し、又は卒業する見込みの者を含む。 (2)外国の診療放射線技術に関する学校若しくは養成所を卒業し、又は外国で法第3条の規定による免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が 1 に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認めたもの• (3)昭和58年改正法の施行の際(昭和59年10月1日)現に又は診療エックス線技師試験を受けることができた者であって、旧法第20条に規定する文部大臣が指定した学校又は厚生大臣が指定した診療放射線技師養成所において、1年以上、診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終えたもの(昭和58年改正法の施行の際現に修習中の者であって、同法施行後にその修習を終えたものを含む。 ) 試験日・合格発表日 [ ]• 試験日• 例年2月下旬の木曜• 合格発表日• 例年3月下旬 試験地 [ ] (平成28年)度の試験地は以下の通りである。 2016年(平成28年)度より、新たに沖縄県が追加された。 、 、 、 、 、 、 、 及び 試験科目 [ ]• (1) 放射化学 [午前4問午後4問:計8問] 放射線を発生する物質の種類と特性、の定量法、放射性物質の取扱について• (2) 診療画像機器学 [午前10問午後10問:計20問] 発生装置と受像装置、一般装置・撮影補助器具の原理、・・・・等の機器の原理について• (3) 診療画像検査学 [午前10問午後10問:計20問] 解剖学、MRI検査法、超音波検査法、眼底写真撮影法、疾患と検査の適応、および画像診断(読影)について• (4) 核医学検査技術学 [午前10問午後10問:計20問] の種類と体内での動態、装置、核医学検査法、画像処理、検体計測、検査適応疾患、画像診断(読影)について• (5) 技術学 [午前10問午後10問:計20問] 治療適応疾患、治療用放射性物質、治療装置、外部照射法、小線源治療法、治療計画、線量測定、治療精度管理、治療方針について• (6) 医用画像情報学 [午前5問午後5問:計10問] 放射線写真の原理と特性、、画像処理、について• (7) 基礎医学大要 [午前15問午後15問:計30問] 、、、、、等の基礎全般、主要疾患の症状と検査適応()について• (8) 放射線生物学(放射線衛生学を含む) [午前5問午後5問:計10問] 放射線の・・人体に対する影響のメカニズム、の種類と症状、障害のレベルに関与する因子について• (9) 放射線物理学 [午前5問午後5問:計10問] の的基礎、放射線の種類と特性、微視的レベルでの放射線と物質の反応、・の特性について• (10) 医用工学 [午前3問午後4問:計7問] 放射線機器を構成するの基礎としての・について• (11) 放射線計測学 [午前5問午後5問:計10問] 放射線の測定法とその原理、測定機器の種類と原理、各種放射線の線量計算について• (12) エックス線撮影技術学 [午前10問午後10問:計20問] X線撮影の基礎、解剖学、および各種投与薬剤の薬理、X線一般撮影法、CT撮影法、血管撮影法、および画像診断(読影)について• (13) 画像工学 [午前3問午後2問:計5問] 放射線の撮影画像に対する画像解析法・画像評価法、画質について• 以下「58年改正法」という。 )による改正前の診療放射線技師及び診療エツクス線技師法(昭和26年法律第226号。 以下「旧法」という。 )に定める診療エックス線技師試験(以下「診療エックス線技師試験」という。 )又は法附則第7項の規定による試験(以下「特例試験」という。 )に合格した者であって、受験願書にその旨を記載し、試験科目の免除を受けて診療放射線技師試験を受けようとするものについては、次の科目が免除される。 基礎医学大要• 放射線生物学(放射線衛生学を含む。 放射線物理学• 医用工学• 放射線計測学• エックス線撮影技術学• 画像工学• 放射線安全管理学 実際の試験は丸1日かけて行われ、(25年)度の第66回試験までは午前に放射化学、診療画像機器学、診療画像検査学、核医学検査技術学、放射線治療技術学、医用画像情報学(計98問)、午後に基礎医学大要、放射線生物学、放射線物理学、医用工学、放射線計測学、エックス線撮影技術学、画像工学、放射線安全管理学(計102問)の順に行われていた。 しかし、(平成26年)度の第67回試験より試験科目の出題順が変更され、全14教科をほぼ半分に分けたため、午前(計98問)午後(計102問)の試験にそれぞれ全14教科が出題されるようになった。 さらに翌(平成27年)度の第68回試験以降は、午前100問午後100問の計200問となった。 試験日程 [ ] 第69回診療放射線技師国家試験は以下のように行われた。 日時:(平成29年)()• 集合時刻:午前8時45分• 説明開始時刻:午前9時• 午前の試験時間:9時30分~12時5分• 昼休憩:12時5分~12時55分• 午後の説明開始時刻:12時55分~13時25分• 午後の試験時間:13時25分~16時00分• 持ち物:受験票、HB、、黒の• 試験中持ち込みが許可されているもの:無地の、• 試験中に利用不可なもの:、、、、そのほか送受信機能があるもの。 答案用紙について:2種類存在する(防止のため)。 どちらか1種類のみ配布される。 試験の間は、携帯電話、等は電源を切り、試験官より渡された茶色のの中に入れ、封筒に受験番号を書き、机上へ出しておく必要がある。 また、マスクやなど着用する場合は、試験開始前に文字等の記載がないか試験官より確認を受ける。 参考資料:「第69回 診療放射線技師国家試験受験者留意事項」 合格の基準と合格率 [ ] 合格基準については合格発表後に掲示される。 ただし得点が6割にあたる120点に満たないとその時点で不合格となる。 また、0点の教科が2教科以上でも不合格となる。 近年の合格率は以下の通りである。 診療放射線技師国家試験合格者推移(単年毎の合算) 回 当該年 受験者数 合格者数 合格率 第56回 2003年(平成15年)度 2,505 1,851 73. 6% 第59回 2006年(平成18年)度 2,821 2,158 76. 脚註 [ ].

次の

【第72回放射線技師国家試験不合格】落ちた…その後の就活法

放射線 技師 国家 試験 72 回

厚生労働省は、 9 月 2 日、令和元年度診療放射線技師等国家試験の施行を発表しました。 受験手数料は 11,400 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 23 日午後 2 時。 受験手数料は 11,300 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 23 日午後 2 時。 受験手数料は 10,100 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 23 日午後 2 時。 受験手数料は 10,100 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 23 日午後 2 時。 受験手数料は 15,800 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 23 日午後 2 時。 受験手数料は 30,800 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 59,800 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 14,300 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 30,000 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 14,400 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 14,400 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 14,400 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 16,500 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。 受験手数料は 34,000 円。 合格発表は令和 2 年 3 月 26 日午後 2 時。

次の

令和元年度診療放射線技師等国家試験施行を発表 厚生労働省 :: くすりホットニュース

放射線 技師 国家 試験 72 回

こんにちは、わたぞうです。 放射化学と機器学が中心になります。 私はまだ、診療放射線技師の国家試験は受けたことがないですが、現役だからこそ伝えられることがあると思います。 内容は多くの本やサイトから仕入れた情報を、勉強中の学生にもわかりやすいようにかみ砕いた表現を用いてまとめ直したものになっています。 もうすでに、専門として現場で活躍している方や大学の講師の方がみると少し物足りないような内容になっていますが、そこは申し訳ないです。 間違っているところがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。 問題は厚生労働省のホームページから引用しています。 午前1~ペーパークロマトグラフィ~ ペーパークロマトグラフィに関係がないのはどれか。 Rf 値• 原 点• カラム• スポット• 展開溶媒 正解は3です。 ペーパークロマトグラフィは吸着剤として ろ紙を用いたクロマトグラフィです。 短冊状のろ紙の下の方に試料を吸着させ(ここが 原点になります)、このろ紙を 展開溶媒がわずかに入った円筒形のガラス容器に入れてふたをします。 時間が経過すると展開溶媒が 毛細管現象によってろ紙上を上昇していき、その上昇に伴って試料も上昇します。 このとき、試料はその物質の 移動度によっの差によって スポットをつくり、データ処理には Rf値が用いられます。 Rf値は以下のような式で与えられます。 カラムはガスクロマトグラフィーや液体クロマトグラフィーなどで吸着剤を詰め込むものとして用いられます。 午前2~同位体~ 核種について誤っているのはどれか。 68Ga は安定同位体である。 14Cと 14N は同重体である。 123I は放射性同位体である。 99mTc と 99Tc は核異性体である。 133Iと 135Cs は同中性子体である。 正解は1です。 [選択肢の解説]• 31Gaの安定同位体は 69Gaと 71Gaです。 14Cと 14N は 陽子数が違うが質量数が同じであるため 同重体です 6C, 7N。 123I は核医学検査に用いられる放射性同位体です。 99mTcと 99Tcは陽子数・中性子数ともに 等しいがエネルギー準位が違うため 核異性体です。 ( 43Tc)• 133Iと 135Cs は 53I, 55Csであるため、 陽子数が違いますが中性子数が等しいため 同中性子体である。 この手の問題は、病院で実際に使われる放射線核種が問われることが多いです。 これらの核種の原子番号ぐらいは覚えておきたいですね。 わざわざ、安全同位体を覚えるのは遠回りな気がします。 午前3~改変図~ 壊変図について正しいのはどれか。 縦に質量数を表す。 横にエネルギー準位を表す。 分岐壊変を表すことができる。 正解は5です。 [選択肢の解説]• 改変図は 縦がエネルギー(上:大きい・下:小さい)を表します。 改変図は 横が原子番号(右:大きい・左:小さい)を表します。 複数の方向に矢印を出すことで分岐壊変を表すことができます。 午前4~抽出率~ 溶媒抽出法で抽出率を求める式はどれか。 溶媒抽出法は放射性核種が水と有機溶媒に分配されることを利用する分離法です。 分離したい放射性核種が水から有機溶媒中に移るような条件(酸の濃度や種類、pH)を設定して行います。 このときの水と有機溶媒の放射線核種の濃度の比を 分配係数Dといいます。 分配係数の値が大きいほど有機溶媒に多く抽出されたことを表し、どれだけ抽出されたかは 抽出率Eを用いて表します。 午前5~変圧器~ 変圧器の等価回路を図に示す。 励磁アドミタンスY 0を無視して二次側に換算したとき、二次側電圧V 2を示す式はどれか。 ただし、aは巻線比とする。 正解は3です。 まずは一次側の電圧E 1を求めます。 一次側の電圧E 1は入力電圧V 1から抵抗とコイルにかかる電圧を引いたものになります。 次に変圧器によって二次側にかかる電圧E 2を求めます。 巻き数nと巻き数比a、電圧V、電流Iには以下のような関係があります。 この式から、二次側にかかる電圧E 2は一次側にかかる電圧E 1に巻き数比をかけたものになります。 この2次側の電圧E 2を出力電圧V 2を求めるために抵抗とコイルにかかる電圧を引きます。 ここで二次側の電流は選択肢の中にないので、一時側の電流に変換する必要があります。 巻き数比と電流の関係から以下のように変換できます。 この関係から出力電圧V 2は以下のように変換できます。 午前6~ DRL~ DRLs 2015 で誤っているのはどれか。 口内法 X 線撮影は患者入射線量で評価する。 マンモグラフィは平均乳腺線量で評価する。 CT は CTDIvol と DLP で評価する。 一般撮影は入射表面線量で評価する。 IVR はアイソセンタの空気カーマ率で評価する。 正解は5です。 DRLとは診断参考レベルといわれ、ICRPから提言されている医療被ばくから健康を守るための線量です。 通常の状態ではこの線量を超えないようにします(患者さんの状態などによっては超えても大丈夫)。 午前7~輝尽発光プレート~ CR に用いられる輝尽性蛍光プレートで正しいのはどれか。 600 nm 付近の蛍光を発する。 400 nm 付近の青紫色で励起発光させる。 温度が高いほどフェーディングが大きい。 プレートに蓄積された放射線情報は繰り返し測定できる。 正解は4です。 輝尽発光には BaFX:Eu 2が利用されます。 伝導帯に開放されてしまうため、繰り返しの測定は不可能です。 ただし、 白色レーザーで残像画像を消去(アニーリング)することで再利用することはできます。 この現象は温度が高いほど効果が大きいです。 午前8~共振形インバータ~ 共振形インバータ式 X 線装置で正しいのはどれか。 並列共振形は大容量X線装置に適している。 大負荷になるほどインバータ周波数が高くなる。 スイッチング時の電力損失は非共振形より大きい。 直列共振形は負荷抵抗が大きいほど電流の変化が大きい。 並列共振形は負荷抵抗が小さいほど共振現象を利用しやすい。 正解は2です。 [選択肢の解説]• 大負荷(高管電流)にするためにはインバータ周波数が高くし、共振周波数に近づける必要があります。 非共振形ではインバータ周波数が大きくなるとスイッチングの際の電力損失が増え、高周波ノイズが発生してしまいます。 しかし、 共振形ではソフトスイッチングという技術を用いることで、電力損失(スイッチングロス)を減らすことができます。 直列共振形は負荷抵抗が大きくするとインピーダンスが大きくなるため電流の大きさに制限が出てしまいます。 並列共振形は前述の通り、負荷抵抗が大きいほど共振現象を利用しやすいです。 午前9~ドプラ効果~ 血流方向に対して 60 度で超音波を送信したところ、周波数が 100 [ppm] ずれて受信された。 25 正解は3です。 血液のように動いて距離が変わる物質から受信する周波数が送信した周波数と異なることを ドプラ効果といいます。 この効果には以下のような公式があります。 周波数のずれに用いられている ppmという単位は 百万分率といい100万分のいくらであるかを表しています。 与えられた数値を当てはめて計算すると答えが求められると思います(単位注意です)。 午前10~MRIの基礎~ MRI 装置について正しいのはどれか。 RF パルスは横磁化を減少させる。 スライス位置は受信バンド幅で決まる。 RF コイルは大電流によって強磁場を作る。 T1 緩和時間は静磁場強度が強いほど短縮する。 スライス厚は傾斜磁場勾配を強くすると薄く設定できる 正解は5です。 [選択肢の解説]• RFパルスは横磁化を増加させ、その減少時間を T2緩和時間とします。 スライス位置は 傾斜磁場によって決まります。 受信バンド幅はスライス厚を決めます。 RFコイルRF波を送受信するコイルです。 T1緩和時間は静磁場強度が強いほど大きくなります。 傾斜磁場勾配を強くすることで、同じバンド幅でもスライス厚がと薄くなります。 バンド幅を小さくすることでもスライス厚は小さくなります。 まとめ 今回は72回の午前1~10についてまとめました。 問5の問題は一見難しそうに思われますが、実際はよくでる公式しか使ってないので問題文をしっかり読んで順序だてて解いていくといいと思います。 もし、焦った場合はスルーして余った時間で考えるのもいいと思います。 国家試験は範囲が広いので、極力暗記を減らしたいと思います。 次回の記事はこちらから!.

次の