新型 エボラ ウイルス。 通常の風邪ウイルス+エボラ+HIV(エイズ)=新型コロナウイルスの正体|北海道で唯一の「情報リテラシー教育スクール」

新型コロナにエボラ治療薬、今月にも臨床試験を開始へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 エボラ ウイルス

緊急使用許可は正式な承認とは異なる。 正式な承認には、さらに徹底した審査が必要となる。 レムデシビル投与で、COVID-19重症患者の回復期間が短縮されたものの、生存率が大幅に改善したわけではなかった。 このため複数の専門家は、これがCOVID-19の「特効薬」になるとは期待しない方がいいと警告している。 レムデシビルは、ウイルスのゲノムに作用し、ウイルスの複製を阻害する。 ドナルド・トランプ米大統領とホワイトハウスで会談したギリアド社のダニエル・オデイ最高経営責任者は、FDAの使用許可は重要な第一歩だと述べた。 14万症例の治療に相当する150万本を、政府に寄付する方針という。 米政府はこれを、特に重症患者が集中している地域の病院に配布する予定。 会談に同席したスティーヴン・ハーンFDA長官は、「初めて認められたCOVID-19の治療法だ。 参加できてとても誇らしい」と述べた。 FDAの決定はアメリカ国内にのみ適用される。 レムデシビルについて分かっていること レムデシビルはエボラ出血熱の治療用に開発されたが、回復効果はなかった。 ギリアドはウエブサイトで「どのような症状についても安全性や治療効果が確立されていない、実験的な薬」だと書いている。 同社はさらに、重い副作用の可能性があると警告している。 一方でトランプ大統領は以前から、レムデシビルの効能を力説している。 国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)が部分的に公表した臨床試験では、レムデシビルを投与した患者は回復期間が15日から11日に短縮されたという。 この試験には、アメリカ、フランス、イタリア、イギリス、中国、韓国を含む世界各地の病院で1063人が参加。 一部にはレムデシビルが投与され、その他には対照としてプラセボ(偽薬)が与えられた。 NIAIDのアンソニー・ファウチ所長は、この試験結果からレムデシビルには「回復期間の短縮につながる明確で有意義な効果が相当ある」と評価した。 ただし、レムデシビルによって回復が早まり、集中治療を必要とする人数を減らす可能性はあるものの、COVID-19による死亡を防ぐ効果があるかは明確な結果が出なかった。 有効な治療方法について不明点が多いなか、ギリアド社は人工呼吸器を使っている患者には10日間、使っていない患者には5日間、連続投与するよう提案している。 によると、世界全体では340万人以上の感染が確認されている。 このうち約110万人が回復したという。 ギリアド社は各国の提携企業と連携して、増産体制を整備する方針を示している。 10月までに少なくとも50万症例、12月までに100万症例が必要とする量を作り、必要になれば来年にも数百万症例分を用意する用意があるという。

次の

新型コロナウイルスの感染力はどれほど強い?エボラやインフル、SARS、MERSと比較したグラフが分かりやすい

新型 エボラ ウイルス

緊急使用許可は正式な承認とは異なる。 正式な承認には、さらに徹底した審査が必要となる。 レムデシビル投与で、COVID-19重症患者の回復期間が短縮されたものの、生存率が大幅に改善したわけではなかった。 このため複数の専門家は、これがCOVID-19の「特効薬」になるとは期待しない方がいいと警告している。 レムデシビルは、ウイルスのゲノムに作用し、ウイルスの複製を阻害する。 ドナルド・トランプ米大統領とホワイトハウスで会談したギリアド社のダニエル・オデイ最高経営責任者は、FDAの使用許可は重要な第一歩だと述べた。 14万症例の治療に相当する150万本を、政府に寄付する方針という。 米政府はこれを、特に重症患者が集中している地域の病院に配布する予定。 会談に同席したスティーヴン・ハーンFDA長官は、「初めて認められたCOVID-19の治療法だ。 参加できてとても誇らしい」と述べた。 FDAの決定はアメリカ国内にのみ適用される。 レムデシビルについて分かっていること レムデシビルはエボラ出血熱の治療用に開発されたが、回復効果はなかった。 ギリアドはウエブサイトで「どのような症状についても安全性や治療効果が確立されていない、実験的な薬」だと書いている。 同社はさらに、重い副作用の可能性があると警告している。 一方でトランプ大統領は以前から、レムデシビルの効能を力説している。 国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)が部分的に公表した臨床試験では、レムデシビルを投与した患者は回復期間が15日から11日に短縮されたという。 この試験には、アメリカ、フランス、イタリア、イギリス、中国、韓国を含む世界各地の病院で1063人が参加。 一部にはレムデシビルが投与され、その他には対照としてプラセボ(偽薬)が与えられた。 NIAIDのアンソニー・ファウチ所長は、この試験結果からレムデシビルには「回復期間の短縮につながる明確で有意義な効果が相当ある」と評価した。 ただし、レムデシビルによって回復が早まり、集中治療を必要とする人数を減らす可能性はあるものの、COVID-19による死亡を防ぐ効果があるかは明確な結果が出なかった。 有効な治療方法について不明点が多いなか、ギリアド社は人工呼吸器を使っている患者には10日間、使っていない患者には5日間、連続投与するよう提案している。 によると、世界全体では340万人以上の感染が確認されている。 このうち約110万人が回復したという。 ギリアド社は各国の提携企業と連携して、増産体制を整備する方針を示している。 10月までに少なくとも50万症例、12月までに100万症例が必要とする量を作り、必要になれば来年にも数百万症例分を用意する用意があるという。

次の

エボラ治療薬「レムデシビル」は、新型コロナウイルスの“特効薬”になりうるか

新型 エボラ ウイルス

出典:2020年1月31日 Yahooニュース) 通常、年に1回はかかる風邪の原因となるのは一つのウイルスではなく、複数のウイルスが合わさったものとされています。 ところが、それにエボラ、そしてHIV(エイズ)ウイルスさらにマイコプラズマバクテリアなどを組成して完成したものが、今回の「新型コロナウイルス」ではないかというわけです。 つまり、ただの風邪ウイルスでは、頭痛や咳、痰、喉の痛み、さらに高熱は出ますが、まず死に至ることはありません。 下痢などの症状も人によっては出ることはありますが、やはり普通の風邪です。 しかし、SARSや新型コロナウイルスは高熱や筋肉痛、下痢、意識が朦朧としたり、脱力感を感じるような症状が出ているようです。 そして肺炎で咳が止まらずに絶命するという特徴があります。 この時点で、風邪とは全く異なるわけで、明らかに強い毒素成分が入っていることがわかります。 出典:2020年1月31日 Newsweek) 例えば、HIV(エイズ)というのは、空気・飛沫感染ではなく、体液・血液感染によって成立するとされています。 人体というのは、免疫システムによって生体が防御されています。 体内の白血球が出血を止め、傷口を塞いでくれるということです。 一方、細菌やウイルスが鼻や喉の粘膜に侵入すると抗体が反応し、「マクロファージ」という細胞が体内に入れないように守ってくれるわけです。 ところが、体内に入ったHIVウイルスはその「マクロファージ」に対してデコイ(偽装)してすり抜けてしまうということです。 その変装の上手さに「マクロファージ」は気づくことはなく、HIVウイルスは体内に閉じこもって増殖を始めます。 実際に、最初にHIVに感染すると、初期段階では風邪に似た症状を引き起こすようです。 その後、体内に侵入して増殖したHIVウイルスは、さらに細胞分裂して自分と同じ仲間をコピーし続け、最終的には「マクロファージ」さえ殺してしまいます。 つまり、この状態が免疫を持たないHIIV(エイズ)患者の状態です。 問題は、今回の新型コロナウイルスに感染すると、風邪の症状以外にもHIVの症状も出てしまうということです。 人体を免疫を守る「マクロファージ」を殺してしまうほど強い増殖力を持っているからこそ、ワクチンを作るのが難しいのかもしれません。 出典:2019年4月26日 医療News) その他、「アレルギー反応」というウイルス感染とは全く逆の現象も起こることがあります。 つまり、人体の免疫を守るべきの「マクロファージ」が体内で消滅することです。 今、日本でも花粉症や牛乳、小麦粉などグルテンアレルギーなどを持つ方が急激に増えています。 例えば、五十肩やひざの関節痛などは免疫の抗体が自分の関節に対して炎症を起こさせているわけです。 その炎症という状態こそ、「マクロファージ」が消滅して抗体が体内で暴れまくっているようなことです。 このように、新型コロナウイルスはアレルギー性の肺炎と言われています。 要するに、喉に痰がからんでいないのに咳が止まらない状態です。 最終的には、咳が止まらないまま肺の細胞が次々と死んでいき、体力も衰弱して呼吸ができなくなってきて、体内の酸素が回らなくなり死に至るということになります。 だから、武漢で入院した中国人の患者は人工呼吸器を付けているわけです。 現地の武漢市内の動画を観ていても、患者の多くはすでに意識が朦朧としており、痙攣が起きたり、自分で体を動かすことができない方がほとんどです。 だから、路上や病院内で突然倒れるシーンが多くみられるということです。 これは、エボラウイルスの症状ではないでしょうか? 出典:2020年1月31日 BBC) 「間質性肺炎」と呼ばれているようですが、アレルギーによる拒絶反応によって咳が止まらないというのは、喘息のような症状と非常に似ています。 とにかく、普通の風邪とは全く異なることだけは理解させたものと思います。 すべての「人」へ、 今、起こっている世界情勢の本当のことをあなたに.

次の