足 つぼ 右足。 足つぼ図・足裏つぼ図指圧方法

土踏まずが痛い原因は?右足、左足の違いや対処法!

足 つぼ 右足

先日、知人の家に行った時のこと。 「最近本当に疲れが取れなくて。 むくみとか、 冷え性も酷くなってきたような気もするし・・・ 歳だから仕方ないのかな~・・・」 という話をすると、 「 私、最近 足指のツボに凝ってるの! ちょっとやってみてあげるよ!」 と知人に言われ、若干嫌な予感がしつつも、やってもらうことになった筆者。 何でも、そういった症状にも効果があるのだそうで。 ・・・と、案の定、 「 ギャーーー!!痛いっ!!!ちょ、ちょっと待ってぇぇ~~~(泣)」 となってしまったのでしたが、知人によると、 「 足指のツボを押したときに 痛いのは、どこか悪い所があるから!」 なんだそうで。 (だろうね・・苦笑) 何でも数ヶ月前から、自分で足指のツボを押したりマッサージしている知人は、 最近かなり調子が良くなったのだそう。 何?!私より年上の彼女が??(1個だけだけどw)それは気になる! 自分でやるのであれば、力加減も調整できるし、 気軽に始められそう! まずは、親指、人差し指、中指、薬指、小指 など、足指のツボが それぞれどこに効くのかなど、調べてみることにしました! 目次• 足指のツボを刺激する前に!知っておきたいこと 足裏にはたくさんのツボがあるのですが、 今回は「 足指」にターゲットを絞り、説明していきます。 まず調べ始めて出てきた疑問、「ツボ」と「反射区」というのは どう違うのかということ。 「 反射区」は比較的広範囲の面(ゾーン)を刺激するものであるのに対し、 「 ツボ」は1つの点(ポイント)を刺激するというものです。 (反射区の施術は「リフレクソロジー」と呼ばれます) 反射区がどこか身体の一部に刺激の効果が伝わるのに対し、 ツボは疲れなどの症状に対しても効果があります。 そして、 足のツボとそれに対応する臓器は、 原則として同じ側にあります。 左側にあるものは左足に、右側にあるものは右足にあるのです。 ただし、 耳と目だけは例外で、耳や目に効くツボは、 左右逆になっているので、 注意してくださいね。 耳や目の調子が悪くなったときは、反対側の足の指を揉む、 と覚えておくとよいでしょう。 (ですが、耳や目は片方が悪くなるとバランスが崩れ、 もう片方も悪くなる傾向があるので、左右両方のツボを 刺激しておくと予防にもなり、おすすめです!) 頭痛に効くツボは、足の親指 親指には、首から脳に関わるツボがあり、 頭痛などに効きます。 親指を押してみて、硬かったり痛かったりするのは、 頭痛、精神的ストレス、睡眠不足、などの不調がある可能性があるそうです。 考え事・ 悩み事、 ストレスが多い方は、親指が硬くなったりしていませんか? そういった方は、ぜひ親指を揉みほぐしてあげてください。 不眠にも効果的なツボなので、ゆっくり休むことができます。 また、偏頭痛の場合は親指の外側を揉むのが効果的ですよ。 目の疲れを和らげるのは、人差し指と中指の付け根 人差し指と中指の付け根には、目に関わるツボがあり、 目の疲れなどに効きます。 スマホやパソコン、テレビゲームなど、目を酷使することが多くなった昨今、 目が疲れている方も多いのではないでしょうか。 そういった症状が進行してしまうと、頭痛や肩こり、胃のもたれなどにも なってしまうことが・・・ そういった方は、人差し指と中指の付け根を揉みほぐしてあげてください。 先述したように、目と耳は左右逆に対応しているので 右目が悪ければ左足を、左目ならば右足を押し揉むようにしてくださいね。 (もちろん、予防の意味でも両方揉むのもおすすめです!) 無気力、だるさを解消するツボは人差し指! 人差し指には 疲労回復に効くツボがあります。 また、胃にも関係しているとされ、人差し指の外側を揉みほぐすと、 胃腸の働きを良くして、消化機能を高めてくれます。 このツボは食前に刺激すると、食欲を抑えてくれるという、 ダイエッターには嬉しい効果も! (食欲抑制したい場合は食前に、消化を促進したい場合は食後に 行うと良いでしょう) 「 食べ過ぎ飲み過ぎ等で疲れているなぁ・・」という方には ぴったりなツボといえます。 実は結構前から、就寝時の耳鳴りに悩まされてきた筆者。 私の場合は 右耳なので、左足の指を揉みほぐすと良いのですね! (左右両方のバランスも大切なので、逆側も揉むと尚良いでしょう) それと、耳鳴りやめまいの多くは、実はストレスが原因であることも、 少なくないのだそうなので、親指のツボも合わせて揉んでおくのもおすすめです。 冷え症を緩和したいなら足指全部を揉みましょう そして、最後は女性の大敵、冷え性! この季節はもちろん、夏まで足の先が冷たかったりする方も 少なくないのではないでしょうか。 そんな 冷え性には、足の親指から小指までの、各指の付け根の間のツボが効果的です。 足を上下につまみ、強めに押し揉むと、 血流が巡りより効果的! 冷えは、頭痛や肩こり、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの症状にも繋がるので、 積極的に取り入れたいですね。 足指マッサージに慣れてきたら、たまに 「足裏マッサージ」でリラックスするのはいかがでしょうか? 【不要な外出を減らす食材宅配サービス】 新型コロナウイルス対策として、 不要不急の外出を控えることが求められています。 東京都では、 ・屋内・外問わずイベントの参加は控える ・平日はできるだけ自宅で仕事を行う ・週末の不要不急の外出を控える ・夜間の外出を控える の4つの行動を要請し、 緊急事態宣言が発令されました。 (2020年4月16日から全国に拡大) そのようななか、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似のサービスを再度調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・多数の人が手に取った商品を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 (人と2m以上離れることは非常に重要) 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、厳しい外出規制がかかったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の

【足の疲れ&むくみ解消!】10秒で効くツボ&マッサージ|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

足 つぼ 右足

足ツボ小指(第五趾)の特効ツボ > 小指(第五趾)の特効ツボ 耳の具合が悪い時には 難聴や耳鳴りなどの耳の具合が悪い方はお試しください。 薬指と同様に小指のつけ根にも耳の反射区があります。 足の反射区と耳の症状は左右反対になります。 小指と内臓 小指(第五趾)は腎臓と関連するので、小指の異常は スタミナ不足、気力不足になりやすいのです。 足の裏がボテボテにふくらんでいたり、シワが寄っていたら、 腎臓機能が衰弱している人です。 内反小趾 ないはんしょうし 小指(第五趾)が薬指(第四趾)側に傾いて押されていませんか。 これは、内反小趾という足指の歪みです。 日常的に靴や靴下をはく習慣が小指を変形させる原因の一つになっています。 生活習慣の中でスリッパ、素足などでたまには小指を解放してあげましょう。 泌尿器系、婦人科系、腎系 小指には、腎経、膀胱経と特効ツボ、井穴があります。 小指の歪みは、泌尿器系、婦人科系、腎系の衰弱を もたらしますのでよく揉みましょう。 原因がわからないけど体が弱い方という方は初めに腸を健康にしましょう。 腸は植物でいうと根っこにあたる部分で、最初に栄養をとりこむところです。 腸が強くなると体の隅々まで栄養が運ばれますが、 逆に腸が悪いと様々なところに病気が出てきます。 そんな大切な腸は、食事や運動、ストレスを減らすなど、 日常生活に気をつけることで改善しやすいのです。 腸にはヨーグルトなどで乳酸菌が増やすのも効果的です。 逆子に至陰ツボ 小指の外側の爪の根元に逆子治療に効く至陰(しいん)ツボがあるそうです。 ネットにもけっこう出ていますので専門の治療院などのページを 参照してください。 子指の揉み方 手の親指と人差し指で足の第五趾(小指)をつまみ、 グルグルと回してから押し、さらに、揉みます。 (5〜10回、回数は多いほうがいい)。 膀胱経、腎経の異常からくる頭痛、肩こり、夜尿症、 冷え症、耳鳴り、腰痛、精力減退などに効果があります。

次の

不調スッキリ!手&足ツボでセルフケア

足 つぼ 右足

症状別の足つぼ・足裏つぼ図の解説、つぼ押しの前に必要な準備、指圧方法、 足のトラブル、足で分る健康状態、正しい靴の選び方など、 足にまつわる健康情報を紹介しています。 また、全身のつぼも説明しています! 家庭で手軽にできる「 足裏指圧健康法」を覚えて快適な毎日をおくりましょう! 足裏つぼは全身とつながっている 足裏にはたくさんのつぼがあり、足裏のつぼ(反射区)は全身の各器官や機能につながっています。 よって足裏つぼ(反射区)に刺激を与えることにより、血行を促進させ、各器官を活性化し、病状改善、健康維持、人間が本来持っている自然治癒力を高めるなどの効果があります。 また、足つぼを刺激することで、対応する反射区のしこりや痛みから体の悪い部分や病気を知ることができます。 人間の足には約60箇所のつぼがあります。 体が異変を起こすと、その部分に対応する足裏のつぼ(反射区)にそれが現れます。 この部分のつぼを刺激しマッサージすることで体を健康に戻す健康法が「反射区(足裏つぼ)治療」です。 「反射区治療」は、 いつでもどこでも年齢を問わず出来る健康法なのです。 昔から、「老化は足から」と言ったり、「青竹踏み健康法」があるように、足は健康のために大切なところなのです。 足の裏は「第二の心臓」である 心臓から送り出された血液は、頭に昇り、全身を巡って足先に下りて行きます。 足先に下りた血液を再び心臓に送るのは、足の役目です。 足は全身の血液の循環を良くする大事な部分なのです。 しかし、足は心臓から最も遠いので、足の筋肉に刺激を与えたり、歩いて足を踏みつけることで、血液の循環を促進させる必要があります。 中高年者を中心に、健康づくりの一環としてウォーキングを行う人の人口が年々増加しています。 今改めて外の空気を吸い体を動かすことが見直されつつあるとは言えないでしょうか。 また、最近のフットケア(リフレクソロジー)サロンの増加を見てもわかるよう、多くの日本人が足の疲れを感じており、「足の健康市場」も拡大の傾向にあります。 普段から足を鍛えるために、例えば通勤時に1駅分歩く、エレベーターを使わずに階段を使用するなど、歩くことを心がけましょう。 足つぼ図・足裏つぼ図で健康生活〜サイト作成のきっかけ 昨年ぎっくり腰になってから、慢性的に腰痛に悩まされています。 仕事がIT関係で、1日中PCに向かっているので肩こりも患っています。 坐骨神経痛も併発し、足の痺れに耐え切れず整体に行きました。 そこの整体院では脚と足裏つぼ療法を行っていました。 多忙で整体院になかなか行けないので、足のつぼ押し療法なら自宅でできると思い調べました。 通勤靴も皮靴ではなくウォーキングシューズに替えて、1駅分歩くなど日頃から運動することを意識、青竹ふみをして、足つぼ押し健康法を実践しております。 管理人:杉原.

次の